あやとりの歴史と起源・由来

あやとりの歴史と起源

【シェアする】

 

はじめに

 

今回はあやとりの歴史と起源について紹介していきたいと思います。昔から行われてきた遊びであるあやとりですが、果たしていつからどこで生まれてのでしょうか。歴史や起源について学ぶことは基礎知識を増やしていく上でとても大切なことです。そこで、あやとりがどのように発生し、現代までどのように伝えられてきたかについて紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

あやとりの起源

 

あやとりの歴史を知る上でとても気になるのがあやとりの起源です。あやとりはおじいちゃんおばあちゃんが子供の頃からやっていることを聞くと、日本の起源なのではないかと思ってしまいます。しかし、どうやらそうでもないみたいです。

 

あやとりは日本の子供の遊びと思われがちですが、世界中の人たちが『あやとり』を知っていて、実際に遊んでいたりするのです。では、あやとりの起源はどこなのでしょうか?欧米でしょうか?それともアフリカでしょうか?

 

正解は自然発生的に世界各地で行われていたと考えられています。あやとり誰に教わることもなく、世界中で行われていたのではないかということです。その理由は、あやとりは糸を指に絡めるという簡単な作業のため、それをキッカケに様々な形をつくるように発展していったとかんがえられるからです。

 

つまり、あやとりの起源・由来・発祥はない、もしくは世界中の地ということになりますね。

 

スポンサードリンク

 

あやとりの歴史

 

前述したようにあやとりの起源については、はっきりとしたことが分かっていません。ただ、世界中で自然発生的に生まれたという説が有力です。そのため、各地でのあやとりの発祥からの歴史については残念ながら記録が残っていません。

 

しかし、19世紀末期の調査では、アメリカ大陸、オーストラリア大陸、アフリカ大陸、太平洋諸島の国々であやとりが行われていたことがわかりました。また、日本では江戸時代にはすでにあやとりが行われており、子どもたちが二人あやとりをしているところが絵画に残っています。

 

 

まとめ

 

今回はあやとりの歴史と起源について紹介していきました。あやとりの起源についてはまだよく分かっていませんが、一説によると世界各地で自然発生的に生まれたと考えられているのが一般出来です。いたるところで自然に発生したあやとりだからこそ、現代でも親しまれている遊びの一つなのかもしれませんね。

 

【シェアする】

 

スポンサードリンク

 

 

 

※画像をクリックすればあやとりの作り方解説ページに飛びます。

ほうき

ゴム

さかずき

ほうきのあやとり

ゴムのあやとり

さかずき(杯)

2段はしご

4段はしごム

東京タワー

2段はしご

4段はしご

東京タワー

富士山

富士山

川

星

ちょうちょ

7つのダイヤモンド

カニ

ちょうちょ

7つのダイヤモンド

カニ