はじめに

今回は2段はしごの作り方について紹介していきます。はしごは様々な段のある作品があやとりでは作れるので、とても有名なあやとり作品の一つです。あやとり初心者が最初の方に練習する作品でもあります。

2段はしごが作れるようになれば、4段、6段・・・と段の数も簡単に増やしていくことができるので、作り方をマスターしておくととても便利です。そこで、早速あやとりの2段はしごの作り方について解説していきたいと思います。

あやとりの2段はしごの作り方/やり方

以下に、あやとりの2段はしごのやり方を紹介します。作り方手順と画像の他にも動画でも解説していますので合わせてご覧ください。

【2段はしごの作り方解説動画】

▲作り方解説動画 (スマホでの閲覧の場合は表示されるまでお待ちください。)
Sponsored Links

【2段はしごの作り方手順】

1.両手の親指と小指にひもをかける。

2段はしごのやり方

2.右の中指で左の手のひらのひもをとった後、左手の中指で右の手のひらのひもをとる。

2段はしごのやり方

2段はしごのやり方

2段はしごのやり方

2段はしごのやり方

Sponsored Links

3.両手の親指にかかっている紐を外し、上側から小指奥の紐を下からとる。

2段はしごのやり方

2段はしごのやり方

2段はしごのやり方

2段はしごのやり方

4.両手の親指に中指手前の紐をかける。

2段はしごのやり方

2段はしごのやり方

2段はしごのやり方

Sponsored Links

5.親指に元々かかっていた紐を外す。

2段はしごのやり方

2段はしごのやり方

6.できた三角形の穴に中指を入れて、小指にかかっている紐を外す。

2段はしごのやり方

2段はしごのやり方

2段はしごのやり方

7.手首を反転させたら、あやとりの2段はしごの完成。

2段はしごのやり方


まとめ

今回はあやとりの2段はしごの作り方について解説してきました。2段はしごはかけるひもの位置を間違えなけれが、初心者でも簡単に作れる作品となっております。また、2段はしごが作れるようになれば、段を増やして様々な段のはしごも楽に作れるようになるでしょう。

特に4段はしごは東京タワーを作る際の手順にもよく使われるため、マスターしておくと良いでしょう。様々なバリエーションのあやとり作品を作れるようになるためにも、是非初心者の方は様々なはしごを作れるように練習しておきましょう。

Sponsored Links