はじめに

今回はあやとりの富士山の作り方について紹介していきたいと思います。あやとりの作品の中でも山の形はとてもメジャーです。しかも、色々な種類の山の形があるため、作り方も様々です。富士山は数ある山の作品の中でも、特徴的な部分をデフォルメして作っていきます。このため、とても人気のあやとり作品と一つとして知られています。ということで、早速富士山のあやとりの作り方について解説していきたいと思います。

あやとりの富士山の作り方/やり方

以下に、富士山のあやとりのやり方を紹介します。作り方手順と画像の他にも動画でも解説していますので合わせてご覧下さい。

【富士山の作り方解説動画】

▲作り方解説動画 (スマホでの閲覧の場合は表示されるまでお待ちください。)
Sponsored Links

【富士山の作り方手順】

1.紐をクロスさせてから両手の親指と小指に紐をかける。

富士山のやり方

Sponsored Links

2.右の中指で左の手、左の中指で右の手のひらの紐をとる。

富士山のやり方

富士山のやり方

富士山のやり方

富士山のやり方

3.両手の人差指から小指で親指奥にかかっている紐を握る。

富士山のやり方

4.両手の親指の手前にかかっている紐を手の甲側へまわす。

富士山のやり方

Sponsored Links

5.中指にかかっている手前のひもを下からとる。

富士山のやり方

富士山のやり方

6.両手の指を奥側に向けたら、あやとりの富士山の完成。

富士山のやり方

富士山のやり方


まとめ

今回はあやとりの富士山の作り方について紹介していきました。あやとりには数々の山の作品がありますが、その中でも富士山はとても人気の作品です。富士山の特徴である大きくてなだらかな斜面を1本の紐で作れるなんて凄いですよね。

また、富士山の作り方の手順は少ないので、簡単で初心者にもすすすめの作品の一つとなっています。簡単な手順であっという間にできるので、お子さんにもおすすめの作品です。

Sponsored Links